ブログ

当事務所の事業内容②(会計・税務顧問②)

こんにちは、練馬区の会計士・税理士の本田です。
当事務所のウェブサイトに記載している事業内容について、詳細にお伝えできればと思います。

第2回目は会計・税務顧問業務②です。

創業して間もない法人や個人事業主の方々は、本業への取り組みに注力するために、会計処理の全般を会計事務所に依頼するケースが多くあります。また業績が順調に伸びている場合や、事業内容が多岐にわたる場合等にも、会計処理が大量にかつ複雑になってきます。

当事務所は、自計化を推進しています。
「自計化」とは、一般的に、自社の経理処理の業務効率化のために、お客様が自らのPCを使用して、経理処理において必要となる経理資料・データを会計ソフトに入力していく運用方針のことをいいます。
会計事務所の考え方によって自計化否定派と推進派が存在しますが、当事務所は創業間もないお客様やスモールビジネスを営むお客様以外は、基本的に自計化をしていただきたいと考えています。もちろん全てのお客様が完璧に入力出来ている訳ではないため、当事務所で検証の上、間違いや入力漏れの修正を行います。

では、自計化にはいったいどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

自計化のメリットとデメリットについてお伝えします。

自計化のメリットとは?
・PCを使い、会計ソフト上で分析が可能となるため、現在の経営状態や業績をリアルタイムで把握することができる
・経理の処理を日々行うことで、入出金の内容を忘れないため不明な取引の発生を防止できる
・手書きの台帳や伝票が不要となり、経営業務が効率化される
・中小企業の運営に当たって最重要である資金繰りの状況を適時に把握できる
・会計事務所に記帳代行を依頼しなくて済む分、付加価値の高いサービスを受けることができる(又は記帳代行分が顧問報酬が安くなる)

自計化により生じるデメリットとは?
・会計ソフトへの入力を行う上で必要な、経理知識の習得に時間を要する
・自計化のやり方によっては、以前よりも作業量が増えてしまう可能性がある
・自計化に向けて設備投資(会計ソフト代や銀行への支払手数料等)をしなければならない場合がある

まとめ

上記のようにメリットとデメリットが挙げられる自計化ですが、費用と便益を比較して検討すべきです。
当事務所では、まず初回面談の際に、お客様の意向をお伺いしながら、最適な契約プランのお見積をさせていただきます。(詳細は「ご契約までの流れ」
またクラウド会計ソフトの利用(仕訳自動提案機能や銀行の取引明細自動受信機能)や過年度の経理資料からお客様の仕訳を類型化をすることにより、上記デメリットを極小化するようにお手伝いさせていただきます。

関連記事

  1. 当事務所の経営方針①(経営理念と行動指針)
  2. Official Blogを開設しました
  3. 当事務所の事業内容①(会計・税務顧問①)
  4. 事務所リニューアル
  5. 会計事務所の基本業務って何?

最近の記事

PAGE TOP