ブログ

会計業界とAI

こんにちは、練馬区の公認会計士・税理士 本田です。

最近、「AI(人口知能)」や「Fintech(金融+テクノロジー)」というキーワードを見ない日はなくなりました。

会計業界においても、
大手監査法人ではAIを利用した会計監査が既に始まっていますし、AIが組み込まれた「クラウド会計ソフト」も段々とシェアを高めてきているところです。

近年、会計ソフトウェア会社は、しのぎを削って開発を進めているため、頻繁に各社から新しい機能が発表されています。そのため会計ソフト利用者にとっては、さらに利便性が高まってきています。

具体的には、以下の3つの特徴があります。
1.面倒な手入力の手間がなくなる
2.記帳業務にかかる作業が削減される
3.お金の動きがリアルタイムに見えるようになる

 

    1. 面倒な手入力の手間がなくなる

      銀行口座やクレジットカードからの取引明細データを自動受信することで、手入力する手間が省けます。
      導入初期段階は、お客様ごとに最適な利用環境となるように設定するため、少し時間がかかりますが、一度設定してしまえば新規の取引先を追加する等、軽微なメンテナンスをするだけとなります。

    2. 記帳業務にかかる作業が削減される

      1.の自動受信機能により、勘定科目が自動的に提案されます。導入3ヶ月くらいは誤った提案もありますが、AIの学習機能により、使えば使うほど正確な提案となってきます。また請求ソフトや給与ソフト、Airレジ等の業務アプリケーションソフトと連携することで、今までは中堅・大手企業が導入していた高価なERPソフトを利用しなければ不可能だった経理効率化も、比較的安価に実現することが可能になってきました。

    3. お金の動きがリアルタイムに見えるようになる

      中小企業や個人事業主の経営課題のひとつとして、資金繰りが挙げられます。
      クラウド会計ソフトは、簡易なキャッシュフローレポートも装備されているため、将来の資金繰りに備えることができます。

 

会計の専門家の立場からすると、まだ発展途上の側面もありますが、お客様の業種・規模・複雑性によっては十分にビジネス利用に耐えうるものになってきたと考えています。
もし会計ソフトの選択でお困りでしたら、一度ご相談ください。お客様に合った最適な会計ソフトを提案させていただきます。

各社の最近の開発スピードを見ると、今後さらにクラウド会計ソフトのシェアが高まり、3年後には会計事務所内の業務フローも大きく変わっているのだろうなと推測しています。

関連記事

  1. 新年のご挨拶
  2. 1/4日経朝刊 AI革命時代の公認会計士の仕事を読んで

最近の記事

PAGE TOP