ブログ

マメさは三文の徳

所得税の確定申告の受付が始まっています。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/index.htm

今は、2017年分の申告を少しでも早く終えて、還付を待つお客様が早く還付額を受け取れるように、納税になるお客様にはどれくらいの支払が出るのかを早めに伝えられるように対応したい気持ちでいっぱいです。しかし、お客様全員分の処理が年に1回のこの時期だけに重なってしまうと、多数の処理を並行して行うこととなり、「少しでも早く」の実現が難しくなることもあります。
そのため当事務所では、年内に途中分まで、そして年明け1月中には資料の受領ができるようアレンジしています。

個人事業主も、タイムリーに処理をしておくことが本当に必要なのです。申告間際に慌てないため、という理由もありますが、利益が出ている出ていないの情報や費目別の損益情報等をタイムリーに得られれば、経営に生かすことができるからです。もう少し広告費をかけて集客を目指そうとか、材料費を減らそうなど、客観的な数字から現時点で具体的にするべきことが見えてきます。そのためにも企業のように月次決算とまではいかなくとも、せめて2~3か月に1度は帳簿をつけておかれるのが理想です。

普段は実務に追われ、管理面や事務作業を後回しにしてしまうのはよくあることですが、未来のご自身はきっと今以上に忙しいはずです。こまめに処理・対応しておくことで、未来の自分がさらに経営に注力できると思います。
「自分はマメじゃないから…それができたら苦労しないよ」とおっしゃる気持ちももちろん理解できます。例えば、毎月1日の朝2時間だけは前月の書類を整える時間に充てるようにカレンダーに組み込むなどにより仕組み化することもおすすめです。マメじゃないと自覚がある経営者様にこそ、おすすめしたいです。

もう2018年も1か月半が経過しました。今年の経理の処理、進んでいますか?

最近の記事

PAGE TOP